学生生活への支援

100円朝食

2013年度からスタートした100円朝食は、食費の一部を父母教育後援会が負担することにより提供されています。朝食をとることで体調管理が行えるだけでなく、朝から大学に登校し予習などを行う学習のリズムを整えることに役立っていることが、図書館利用者のデーターなどからも証明されており、保護者からも支持されている活動です。

また、メニューも学生がレシピコンテストを行ったり、企業も参画。BKCではJA草津市、JAおうみ富士と連携し、地元産の野菜を使ったメニューが提供されるなど、地産地消を促進する一助となっています。

こうした活動が評価され、2015年には[第4回健康寿命をのばそう!アワード 厚生労働大臣 最優秀賞]を受賞し、今後も新しい取り組みが期待されている事業です。

100円朝食
100円朝食
100円朝食

100円朝食の利用方法のご案内

100円朝食はこうして利用されています


スポーツ・文化活動への支援

近年、立命館大学では、各方面で優秀な成績をおさめる学生が増えています。全学文化・スポーツ応援活動支援として、応援バスや応援団派遣等を行うなど、学生活動に対するサポートを行っています。また、応援ツアー企画や無料チケット企画などを実施することで、学生・父母が一体となった応援・鑑賞、より気軽に応援へ行ける風土作り出す取り組みを行っています。

スポーツ・文化活動への支援
スポーツ・文化活動への支援

留学生への支援

文部科学省平成26年度[スーパーグローバル大学創成支援]事業に、立命館大学は立命館大学アジア太平洋大学(APU)とともに採択され、ますます国際化に向けての歩みを進めています。こうした取り組みを保護者の立場より支援するため、父母教育後援会では留学生支援奨学金制度や、外国人留学生を対象に留学生支援事業を行っています。

1. 留学生支援奨学金制度

  • 対象者:父母教育後援会会員を保護者、またはこれに準ずるものを持つ本学学部正規課程に在学する私費外国人留学生
  • 給付金額:支給金額は一律25万円
  • 給付期間:単年度限り。ただし、次年度以降、再出願することが可能
  • 採用数:父母教育後援会が毎年定める予算の範囲内にて決定される

2. 留学生支援事業

留学生支援事業
留学生支援事業
  • 対象者:父母教育後援会会員を保護者、またはこれに準ずるものを持つ本学学部正規課程に在学する外国人留学生で、国民健康保険に加入している者(但し、1世帯につき1名分の補助とする)
  • 給付金額:5,000円
  • 給付期間:1年間

これらに関するお問い合わせ・申請

国際教育センター

  • 衣笠:075‐465-8230
  • BKC:077‐561-3948
  • OIC:072‐665-2070

入学・卒業記念品の贈呈

入学および卒業にあたり、父母教育後援会では記念品の贈呈を行っています。新たに学友となる学生たちと、社会へ旅立つ学生たちに、立命館大学での学びを忘れずにいて欲しいという願いを込めて贈られます。

2015年度卒業生には、社会人としてのマナーを身に付けて欲しいという思いも込めてふくさが贈られました。京都らしい正絹製で職人による手作りの逸品は、長く愛用することができます。

入学・卒業記念品の贈呈
入学・卒業記念品の贈呈
入学・卒業記念品の贈呈