【立命館アカデミックセンターより】 “技術を活かすイノベーション・スクール” のご案内

立命館アカデミックセンター(ACR)は大学生以外の方にも開かれた立命館の「学び場」として、20154月に開設しました。

ACRでは、20175月に「MOTオープンスクール『技術を活かすイノベーション・スクール~業界別ケースで学ぶ新規事業創出ディスカッション授業~』」を開講することになりました。

本スクールでは、企業の中核人材である新規事業担当者を対象に、5つのビジネス・ケース(ヘルスケア、素材、電子・電気、機械、知財交渉)による実践的なディスカッション授業(=ケースメソッド型授業)を通じて、明日から仕事で使える「技術探索」「製品開発」「事業開発」などの知識やスキル、マインドセットなどを学びます。

講師は、すべて立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント(MOT)の実務家教員が務めます。加えて、「企業枠」など、企業・団体の方が受講しやすい体制を整えております。

皆さん、本気のディスカッションで、ご自身の「仕事力」を鍛えませんか。

詳しくは、立命館アカデミックセンター(ACRホームページをご覧下さい。

【講座案内】→ACR_MOT