八月:葉月 | 京都のお盆の風習 あの世と繋がる不思議な時間

冥土から精霊を迎える鐘の音

全国各地の盂蘭盆会の風習は様々ですが、その一つに京都には<六道まいり>があります。盂蘭盆会は8月13日から始まり16日の五山送り火に終りますが、まず7日から10日までの4日間に精霊を迎えるために行われるのが<六道まいり>で、<お精霊(しょうらい)さん迎え>とも呼ばれています。

これは、各家庭で先祖の霊(精霊)を祀る報恩供養が行う際、精霊を冥界から自宅へと迎え入れるためのもので、六道珍皇寺などで行われます。参詣作法の中では、「ご先祖様が道に迷わず戻れるように」と迎え鐘をつくのですが、この鐘の音は冥界まで届くそうです。なぜ六道珍皇寺でこのような風習が行われるのかというと、実は寺の位置する場所が、あの世とこの世の境にあると信じられてきたからです。

あの世とこの世を行き来した伝説の人

寺の門前には、<六道の辻>という石碑が立っています。<六道>とは、仏教の教義でいう地獄道(じごく)・餓鬼道(がき)・畜生道(ちくしょう)・修羅(阿修羅)道(しゅら)・人道(人間)・天道の六種の冥界を意味します。人は因果応報により、死後はこの六道を輪廻転生するとされ、その分岐点がいわゆるこの世とあの世の境であり、六道珍皇寺にあるといわれているのです。

それは寺が平安京の東の墓所であった鳥辺野に至る道筋にあたることや、小野篁(おののたかむら)の伝説によるもの。小野篁は平安時代前期に実在した官人で、学者であり歌人でもありました。昼は役人、夜はあの世へ通い何と閻魔大王の補佐をしていたといわれており、本堂裏庭にある井戸が冥界への入口だそう。現在もこの井戸は残されており、実際に目にしてみると何とも不思議な気持ちになります。

http://www.rokudou.jp/legend/takamura.html
これが小野篁が使っていたという冥界への入口と伝わる井戸。何と近年、あの世から戻って来る出口の井戸も境内で発見された。

精霊を見送る五山送り火

各家庭で過ごした精霊は、16日の<お精霊送り>で見送ります。そのために行うのが送り火で、地方によっては各家庭の玄関先などで火を焚きますが、京都では<五山送り火>が行われます。夜8時になると大文字を皮切りに妙法、船形、左大文字、鳥居形と火が灯され、遠くからでもはっきりと見ることができます。

現在では京都の観光行事の一つのように思われ、点火されると拍手喝采が起こることもありますが、本来は送り火を眺めながら精霊に感謝して手を合わせるものです。こうして精霊は、再び冥界へと帰って行きます。そう考えると、目には見えませんが、この数日間はあの世からの多くの来客で、この世は賑やかなことでしょう。

昔は高い建物がなく、現在よりもっと平地でも送り火を見ることができ、人々が精霊を静かに見送ったことだろう。

【出典・参考】
京都観光協会 https://www.kyokanko.or.jp/okuribi
六道珍皇寺 http://www.rokudou.jp

【協力】 写真協力:studio Bow 高嶋克郎(五山送り火)、六道珍皇寺