九月:長月 | 知ってるようで意外と知らない 平安時代から続く優美な風習

里芋型の月見団子?!

<五山送り火>が終ると、京都には秋の気配が訪れます。古くから秋には豊穣を祝いいろいろな行事が催されますが、平安貴族も楽しんだのが<中秋の名月>を愛でる習慣。<仲秋の名月>とも書きますが意味は同じです。

起源は諸説ありますが、中国では唐の時代から名月を鑑賞する風習があり、これが平安時代に日本の貴族の間で広がったといわれます。また、旧暦を使い暮らしていた時代には月の満ち欠けが農作業の目安となっており、稲刈りの前の豊穣祈願や、芋の収穫祭という説もあります。それゆえに、<中秋の名月>は別名<芋名月>ともよばれ、収穫した里芋をお供えする地域もあります。
ちなみに、お供えものの定番といえば月見団子。関東では小さな丸い団子が主流ですが、京都では<芋名月>の名の通り、里芋の形を模したものを多く見かけます。これは里芋を供えた風習によるもので、和菓子店ではこの時期になると店頭に並びます。

これが京都など関西圏で見かける里芋型の月見団子で、餡を皮に見立てている。かつて<中秋の名月>には里芋の皮をつけたまま蒸した衣被(きぬかつぎ)を供えたことが由来という説も。

今年は10月4日

<中秋の名月>は、明治以前の日本で使われていた太陰太陽暦(※)の8月15日の夜の月を指すため、太陽暦を使っている現在では毎年月日が異なります。今年はそれが10月4日に当たりますが、昨年は9月15日でした。
また、意外に思われるかもしれませんが、<中秋の名月>は必ずしも満月ではありません。これは月の軌道が楕円形であるため、新月から満月までにかかる日数が13.9日から15.6日と大きく変化することが理由で、今回は10月6日3時40分に満月となり、<中秋の名月>とは日付が約2日ずれています。
とはいえ、満月前後の月はとても明るく見ごたえがあります。この時期になれば過ごしやすい気候であり、観月の行事もあちらこちらで行われるので、美しい月が見られることを願いつつ、催しに出かけてみてはいかがでしょう。

(※)太陰太陽暦は月の満ち欠けをもとに1カ月の日付が決められる暦で、新月(朔)の瞬間を含む日がその月の最初の日(ついたち)となります。

8月15日(太陰太陽暦)といえば現在では夏のイメージだが、当時の暦では1・2・3月が春、4・5・6月が夏、7・8・9月が秋、10・11・12月が冬とされ、8月は秋の真ん中=中秋であることから<中秋の名月>とよばれる。

【出典・参考】
出典・参考:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台 https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/10-topics02.html

【協力】 写真提供:写真家 中島光行(満月)