十一月:霜月 | 温もりが恋しい季節 冬仕度はお火焚き行事から

火と自然の恵みに感謝して

京都では旧暦十一月には、火にかかわる行事が多く執り行われます。宮中や公家の家はもちろん、神社や民家にも伝わる<お火焚>という行事はその一つで、江戸時代から京都を中心に行われてきた神事です。オホタケやオシタケとも呼ばれ、火を焚いて日常のけがれや罪を祓い、心身を清める意味があります。社前で神楽や供物を奉納し、火を焚きます。その際、参拝者は納めた火焚串を焚いてもらうと、火の持つ霊カによって願いが叶うと信じられてきました。現在も有名な京都の伏見稲荷神社のお火焚神事のほか、各神社でも行われています。

そのほか、京都の風呂屋や鍛冶屋など、火を用いる職業の家で不動尊を祭る風習もありました。お釜や台所を清め、かまどの上にお不動さん(不動尊)の祭壇を用意し、火焚串を祭壇の前に井桁に組み上げ、家長が感謝の祈りを捧げて火を点け炊き上げました。

京都ならではのお火焚き饅頭

お火焚き祭の時期に、人々は作物の収穫を終え、冬支度を始めます。現在ほど生活環境が整っていなかった時代、厳しい寒さを乗り越えるために火を焚き、火種を絶やさずその恩恵と自然の恵みに感謝するため、人々は神事を行うことで心を引き締め、本格的な冬が到来の準備をしたのでしょう。昔は家々や商家で小さなお火焚きを行う煙が上がったそうですが、今では防火上の問題もありその風習はほぼ姿を消し、神社で行われるものが主です。

でも変わらないものが、お供え物のお下がり。みかん、三角に切ったおこし、そしてお火焚き饅頭が一般的。このお火焚き饅頭は京都以外ではほぼ見かけないもので、火焔玉(かえんだま)という焼印が押されているのが特徴。 火焔玉は火炎に包まれた宝珠をかたどったもので、宝珠は宝や願いを意のままにできるとされており、人々の祈願成就に対する思いの現れなのかもしれません。

こしあんを包んだ紅白の薄皮饅頭が一般的。

これが実際に京都市内の町内で配られるお下がり。お火焚き饅頭のほか、おこし、みかん、紅白の小餅が定番です。