一月:睦月 | 新たな年を迎える 節目に願いを込めて

節分は4回ある⁈

少し先の話になりますが、今回は節分について。

節分は雑節の一つで、二十四節気や五節句などのほかに各季節の始まりの特別な暦日を指し、彼岸などもこれに属します。本来は言葉の通り、季節を分ける=季節が移り変わる節目の日であり、立春・立夏・立秋・立冬の各前日を指すため、1年に4回ありました。中でも、冬から春へと季節が変わる立春は、旧暦では正月節に当たるため一年の始まりとして重要視されたことから、春の節分が大切にされ現在にも様々な儀式が伝わっているのでしょう。

節分といえば、豆をまき、鬼を追い払う儀式を思い浮かべますが、本来は目に見えない疫鬼を追い払う<鬼やらい>の源流といわれる<追儺(ついな)>と、延命・長寿を願い読経を行う<節分>の2つが存在し、別のものとして行われていたものが、江戸時代には一つに結びつき、現在に伝わる儀式の原形となったといわれています。

京都市内の神社仏閣の節分会や節分祭ではこうした儀式が行われますが、中でも左京区にある吉田神社のものは盛大で多くの人々が訪れます。


京都では豆まきの逸話として、宇多天皇の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らし苦慮していたところ、毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたという伝承が残っている。

魔を滅し、初夢を楽しむ

節分で豆まきをする理由は諸説ありますが、豆は<魔滅(まめ)>を意味し、魔を滅するという説があります。魔の芽が出てしまうと縁起が悪いため炒った豆を使い、<炒る>は<射る>を指すため、鬼を射て退治することを意味します。

こうして邪気を追い払って眠る際、かつては吉夢を願って宝船や獏の絵を描いた枕絵を忍ばせました。今では初夢といえば、元日、または2日の夜に見るものが一般的。しかし、実は諸説あり、立春を一年の始まりと考え、<節分の夜から立春の朝>にかけて見る夢を指すこともありました。そのため、来る新年の幸せを祈り、「なかきよの とをのねふりの みなめさめ なみのりふねの をとのよきかな(長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)」という回文も添え、吉夢を願いました。


かつては枕絵を売り歩く行商人もいたそう。現在も京都では宝船の絵を授与する神社仏閣があります。

【出典・参考】
国立国会図書館 本の万華鏡 http://www.ndl.go.jp/kaleido
吉田神社 http://www.yoshidajinja.com

写真協力 竹笹堂(枕絵:撮影たや まりこ) http://www.takezasa.co.jp