アカデミック講演会

各地で開催される都道府県父母教育懇談会の中で、毎年2会場で開催されるアカデミック講演会は、懇談会に参加する本学教員が研究分野の模擬講義を行うものです。学生たちが普段どのようなことを学んでいるのか、大学のアカデミックな内容に触れる機会として好評いただいており、毎年多くの方が参加されています。

会場は順次各地を巡回しており、毎年異なる都道府県で開催されるためご確認ください。ご参加にはお申込みが必要です。開催地都道府県の在住者でなくても参加可能ですので、ぜひご参加ください。


2016年度の様子

2016年度は山口会場と岐阜会場で開催。懇談会が始まる前に、各教授が講演会を行いました。専門分野の講義の中に、学生たちの研究の様子などを交えながら進められ、会場ではメモを取りながら熱心に聞き入る保護者の方たちも多く見受けられました。

山口会場

テーマ:「運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくる アクティブ・フォー・オール拠点(文科省COIストリーム)の取り組み」
講師:立命館大学スポーツ健康科学部長 伊坂 忠夫教授

伊坂 忠夫教授
伊坂 忠夫教授

<参加された方の声>
・日常生活をしている上では聞くことのできないお話を聞かせていただく機会に恵まれて、大変有意義な時間でした。学生達が未来に向かって研究している内容を少しでも知る事ができ、学内を見学したような気分を味わう事が出来ました。(山口、経済3回生、男)
・時間が短くて内容が限られていたと思いますが、とても面白い取り組みだと思います。初めてこういう研究があることを知りました。今日聞いた商品を店頭で見かけるのを楽しみにしております。(山口、経営2回生、女)


岐阜会場

テーマ: 「心とはなにか?」
講師:立命館大学総合心理学部長 佐藤 隆夫教授

佐藤 隆夫教授

<参加された方の声>
・学生はこのようなことを学んでいるのかと思いました。これからもよろしくお願いします。(岐阜、法2回生、女)
・これからもいろいろな分野の先生のお話を聞かせていただきたい。特に子育て、親子関係については参考になることが多いと思います。(岐阜、薬2回生、男)